CCIフィルター

FXツール作成キットのFILツールである

「CCIフィルター」の説明をします。

 

まず、パラメータの説明です。

CCI_period:CCIの期間を設定します。

CCI_gap:上昇下降を判断するCCIの値を設定します。

CCI_type:CCIの適用価格を設定します。

 

期間「CCI_period」で現在の値が

「CCI_gap」よりも大きい場合に上昇と判断します。

 

逆に、

現在の値が-1×「CCI_gap」よりも小さい場合に下降と判断します。

 

どちらでもないときは、↑または↓の表示はありません。

CCI_gap=100設定すると、15分足のチャートでは

 

CCIの直近の値が-100より小さいので

M15のところに↓マークが付いてします。

キャプチャ0917-1

一時間足では上昇、下降ともに条件を満たしていないので

マークは何も表示されません。

キャプチャ0917-2

設定した全ての時間足で上昇または下降の場合に

「UPTREND」または「DOWNTREND」が表示され

フィルタリング条件を満たすことになります。

 

※CCIのインジケータは別途表示する必要がりあます。


■お知らせ
※1000以上あるFXブログの上位はすごいですよ!↓
人気のFXブログランキング上位を見る

※応援クリック頂けると嬉しいです。
FXブログランキング



サブコンテンツ

どのツールが人気?

アーカイブ

このページの先頭へ