GMMAフィルター

FXツール作成キットのFILツールである

「GMMAフィルター」の説明をします。

 

まずGMMAについて説明します。

GMMAとは12本のEMAから構成される移動平均線の集まりです。

 

これらは短期線グループと長期線グループに分かれます。

短期線グループは、3・5・8・10・12・15のEMA6本で構成され、

長期線グループは、30・35・40・45・50・60のEMA6本で構成されています。

 

本ツールでは、

全ての短期線グループが全ての長期線グループよりも

大きい場合に上昇と判断します。

逆に、

全ての短期線グループが全ての長期線グループよりも

小さい場合に下降と判断します。

どちらでもないときは、↑または↓の表示はありません。

 

4時間では全ての短期線グループが全ての長期線グループよりも

上にあるため「↑」マークが表示されます。

キャプチャ0921-1

一時間足では全ての短期線グループが全ての長期線グループよりも

下にあるため「↓」マークが表示されます。

キャプチャ0921-2

 

設定した全ての時間足で上昇または下降の場合に

「UPTREND」または「DOWNTREND」が表示され

フィルタリング条件を満たすことになります。

 

※GGMAのインジケータは別途表示する必要がりあます。

GMMA_S.ex4:短期線グループ

GMMA_L.ex4:長期線グループ


■お知らせ
※1000以上あるFXブログの上位はすごいですよ!↓
人気のFXブログランキング上位を見る

※応援クリック頂けると嬉しいです。
FXブログランキング



サブコンテンツ

どのツールが人気?

アーカイブ

このページの先頭へ