どっちに動きやすいかの予測は上位時間足で判断する

FXではよく大きい流れに逆らうなと言われていますが、

これはなぜだかわかりますか?

 

前の記事でも書いたように、相場は人間が動かしていて

より多くの人間が売ることによりレートは下がり、

買うことでレートは上がります。

 

ということで、時間足においても

多数決で重要な時間足が決まってきます。

 

1分足や5分足が弱い理由としては

単純に見ている人が少ないからです。

 

さらに、どんどんローソク足が増えてきますから

意識されるポイントがどんどん分散されていきます。

 

また、短期足を使っていても、長期足の流れを意識することは必須ですが、

長期足を使っているトレーダーは極端に小さな足は見ていません。

 

さらに言うと、長期足での高値安値は短期足でも必ず高値安値になりますが、

短期足での高値安値は長期足の1つのローソク内に吸収されて分からなくなる

場合も多いのです。

 

相場がどう動くかを考えるときは、

世界中のトレーダーがどう考えているのか、

より多くのトレーダーが何を意識しているのかを

考えるにつきます。

 

デイトレードやスイングトレードでよく意識されるのは

1時間足と週足と言われています。

 

人間が生活する上でのサイクルを考えると

これくらいが妥当なのかなと思いますよね。

 

今回も抽象的な話になってしまいましたが

これを意識しているかどうかでダマシを

減らすことができるようになります。

 

勝っているトレーダーは長期足の動きが

ちゃんと頭の中にあって、目先の動きが

どんなに綺麗なエントリーポイントであってもだまされません。

 

大きな流れの方向に逆らわずにトレードしていきます。

 

負けているトレーダーはコロコロと目線を変えて

売ってみたり、買ってみたりどんどん相場のだましにあってしまいます。

 

まとめると、大きな流れは重要で、

その理由は多くのトレーダーが意識しているから。

大きな流れが意識できると、だましにあうことが減って

利益が残りやすくなりますよっている話でした。

 

ではでは。


■お知らせ
※1000以上あるFXブログの上位はすごいですよ!↓
人気のFXブログランキング上位を見る

※応援クリック頂けると嬉しいです。
FXブログランキング



サブコンテンツ

どのツールが人気?

アーカイブ

このページの先頭へ