過去に効いたラインを自動で引くインジケータについて

このインジケータは高値、安値を表示するフラクタルを

もとに作成しました。

 

フラクタルとはMT4に標準でインストールされているインジケータであり、

あるローソク足の高値が前後2つのローソク足の高値より大きいとき、または

あるローソク足の安値が前後2つのローソク足の安値より小さいときに

マークがチャート上に表示されます。

 

syt1-1

 

フラクタルを表示させたものが上のチャートです。

ちょっと、高値安値が多すぎというか人間の感覚からはずれてそうですね。

 

そこで、前後2つではなくて、もっと多くのローソク足と比較できる

ようにしました。(パラメータ設定可能:f_period)

 

syt1-2

 

同じチャートですが、前後5個のローソク足と比較するようにすると

人間が見て高値安値と感じるポイントっぽくなってきました。

 

次に、この高値安値集中しているポイントが重要なレート

つまり重要なラインとなってきますので、

集中しているポイントを計算する処理を入れました。

 

全く同じレートで高値安値を作るのは稀なので

上下に数パラメータで設定した幅分の余裕を持たせて算出するようにしました。

そして、この幅がわかるようにチャート上に表示しました。

(幅はパラメータ設定可能:f_zone)

 

さらに、高値安値を作ったポイントから現在までに

いくつ高値安値が集中しているか数字で表示するようにしました。

(数字が大きい程、意識されているということです。)

 

この数字がある値以上になるとラインを描画するようにしました。

ある値をいくつにするかは、パラメータ設定可能です。

このパラメータは3段階(f_num1,f_num2,f_num3)で設定可能です。

数字が大きい=重要なラインかどうかは色や線の太さを設定してわかり易くできます。

(色:L_Colour1,L_Colour2,L_Colour3、幅:f_width1,f_width2,f_width3)

キャプチャ2

上の画像の場合、4と書いてある緑●のレート付近で

その時間から現在までの間に緑●が4つあるという意味です。

その時間から現在までの間の緑●をカウントするかしないかは、

黄色の帯(緑●から上にf_zone、下にf_zone分)の範囲に

入っているかどうかで判断します。

 

f_num1=3と設定した場合、

f_num1<4となるためラインが表示されます。

上の画像で1と書いてある緑●はf_num1 より

小さいためラインが表示されません。

 

通貨ペアや時間足によってf_zoneは調整する必要があります。

線が多すぎるときはf_zoneを小さくして余裕を厳しくして下さい。

 

過去全てのローソク足で計算するとチャートがラインだらけになり

処理も重たくなってしまいますので、高値安値が集中する期間は

パラメータ設定可能(fl_period)です。

 

また、ラインの色、数字の色、高値安値のマークの色も自由に設定できます。

ラインは太さも設定可能です。

 

キャプチャ3

 

インジケータを適用すると、

こんな感じで重要なラインを引いてくれます。

 

キャプチャ4

 

最後にパラメータの説明です。

f_period       :高値安値を比較する前後のローソク足の数

fl_period      :重要なラインを計算する期間

f_zone        :高値安値から上下に余裕を持たせる幅

F_Colour     :高値安値のマークの色

N_Colour    :数字の色

f_num1      :高値安値がこの値より多く重なるとライン表示

L_Colour1  :ラインの色

f_width1     :ラインの幅

f_num2      :高値安値がこの値より多く重なるとライン表示

L_Colour2  :ラインの色

f_width2     :ラインの幅

f_num3      :高値安値がこの値より多く重なるとライン表示

L_Colour3  :ラインの色

f_width3     :ラインの幅

 

時間足によってボラティリティが違いますので、f_zoneを調整する必要があります。

ラインが多すぎる場合はf_zoneを小さくする、f_numを大きくする、

f_periodを大きくすることで調整可能です。

 

※f_zoneの単位はお持ちのMT4によって

単位の桁がことなる場合がありますので

10倍、1/10倍するなどして調整下さい。

 

※必ずf_num1<f_num2<f_num3

となるように設定して下さい。


■お知らせ
※1000以上あるFXブログの上位はすごいですよ!↓
人気のFXブログランキング上位を見る

※応援クリック頂けると嬉しいです。
FXブログランキング



サブコンテンツ

どのツールが人気?

アーカイブ

このページの先頭へ