10通貨のトレンドを判断するインジケータについて

キャプチャ7

 

10通貨分の1分足から月足までのトレンド状態を表示した

ツールを作成しました。

 

UP、DWは3つの移動平均線が順に並んだ

パーフェクトオーダーかどうかを表します。

「–」はパーフェクトオーダー以外です。

 

その右にある「O」3つは、3つの移動平均線の

直近が上げか下げかを表しています。

赤色なら上げ、青色なら下げです。

左から順に、短期、中期、長期です。

 

移動平均線の期間はパラメータで設定可能です。

表示する通貨もパラメータで設定可能です。

 

syt3-2

syt3-3

CP1〜10      :表示する通貨ペア

MA_MODE  :移動平均線のモード

(0:単純移動平均線、1:指数移動平均線、

2:平滑移動平均線、3:線形加重移動平均線)

MA_P_S   :短期MAの期間

MA_P_M  :中期MAの期間

MA_P_L   :長期MAの期間

col1           :時間足の表示の色

col2           :通貨ペアの表示の色

 

キャプチャ8

MAの種類と設定した、短期、中期、長期の期間は

通貨ペアの表示の上に表示します。

 

※MT4によっては通貨ペアの表示を、

例えば「EURJPY」を「EURJPYpro」と表示するものがあります。

この場合はパラメータも「EURJPYpro」と表示して下さい。

 

※必ずMA_P_S < MA_P_M < MA_P_Lとなるように

パラメータを設定して下さい。


■お知らせ
※1000以上あるFXブログの上位はすごいですよ!↓
人気のFXブログランキング上位を見る

※応援クリック頂けると嬉しいです。
FXブログランキング



サブコンテンツ

どのツールが人気?

アーカイブ

このページの先頭へ